ミラクルエンジェル

奇跡に溢れてる

金星のサナトクマラ

金星のサナトクマラ


金星のサナトクマラは、幻想を打ち破り神なる意識を引き出して行きます。
サナトクマラとは、どんな存在でしょうか

京都の鞍馬山伝説では、サナトクマラは魔王尊とも言われ金星から地球に1,850万年前に降臨してきたと言われています。

鞍馬寺には、サナトクマラが金星から乗ってきた乗り物と言われている形の石も置かれています。
そして、宇宙エネルギーを地球の中心にまで降ろしてきた重要な役割を担っている存在であり地球にある、戦い、非難、否定、裏切り嫉妬などの闇のエネルギーを一掃するために送られてきました。

シャンバラを作った存在、ホワイトブラザーフッド(白い光の同胞団)を設立したマスター金星との関わり聖なるパートナーのレディビーナス、アセッションなど、、

沢山の伝説を持つサナトクマラは、
『真実』を意味し、クマラは『若い人』という意味です。

すなわち真実を生きることを促し真実は私たちが永遠の命があることを知らせ永遠の命という聖なる流れを受け入れたなら私たちはずっと若い存在でいることを選択できるという意味です。

続きは、ホームページブログをご覧下さい💁‍♀️

https://sun-deurmo-kumi.info/

https://sun-deurmo-kumi.info/%E9%87%91%E6%98%9F%E3%81%AE%E3%82%B5%E3%83%8A%E3%83%88%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%A9/